« 【EXCEL図書管理】図書ラベルの作成:不具合修正 | トップページ | 夢想的BABYMETAL初考 その64 »

2016年10月 5日 (水)

【EXCEL図書管理】 延滞ペナルティVBAのテスト その4

【EXCEL図書管理】 延滞ペナルティVBAのテスト その3の続きです。
http://engi.cocolog-nifty.com/sirenai/2016/09/excelvba-0ae8.html

 

前回は、VBAコード内で、返却予定日や延滞ペナルティを計算していました。
ただ、返却予定日の計算ルールを変更する場合に、コード修正が必要となり、
少し面倒ですので、シート上でルール変更できるようにしてみました。

延滞ペナルティについては、シート上でのルール反映ができませんでしたので、
そのままコードで計算しています。


説明ブックと修正した図書管理ブックをアップしておきます。


 ↓xl_tosyo205f(修正版)

「xl_tosyoVer205f_20160910test.zip」をダウンロード


↓ 上記の簡単な説明ブックです。

「xl_tosyover205f_.zip」をダウンロード



Xl_tosyo205f

【条件】
貸出期間(返却予定日)につきまして
10:45以降に貸出→当日の13:45までに返却
13:45以降に貸出→当日の16:30までに返却
16:30以降に貸出→次の日(金曜日に貸出した場合は次の月曜日)の10:45までに返却



    【貸出の操作】

①    会員番号を入力します。

②    必要があれば、貸出上限数を変更します。

③    受付年月日~直接変更も可能です。④のボタンで、取得代入できます。

④    受付年月日をA12セルに代入します。

⑤    貸し出す本の番号を 16行から20行まで入力します。

⑥    「返却予定日計算2」ボタンをクリックし、G16セルに、返却予定日を代入します。

⑦    返却予定日を日数のみで、計算する場合の日数を表示しています。
    関数式になっており、保護がかかっています。値変更する場合は、S16セルの値を変更し、U16セルの値を2以外にします。

⑧    貸出処理ボタンで、貸出記録を転記します。

注)    次の貸出処理を行う場合は、入力部クリア・ボタンか、又は、貸出入力項目クリア・ボタンをクリックしてから、始めてください。
   

    【返却時の操作】

⑨    返却受付の時刻です。

⑩    「返却受付時間確定」ボタンで、⑧=A27に時刻を代入します。

⑪    返却する図書番号を入力します。

⑫    返却遅延判定ボタンをクリックし、返却予定日と受付日の時刻差を求めて、対応する貸出停止期間を⑫に表示します。

⑬    貸出停止期日を表示しています。 事前に、返却遅延判定ボタンを必ずクリックして下さい。

⑭    返却受付処理 ボタンを押すと返却処理します。
    貸出停止期間の表示がある場合は、貸出停止期間を会員一覧のK列に、転記します。

注)    次の返却処理を行う場合は、入力部クリア・ボタンか、又は、返却入力項目クリア・ボタンをクリックしてから、始めてください。
   

 

|

« 【EXCEL図書管理】図書ラベルの作成:不具合修正 | トップページ | 夢想的BABYMETAL初考 その64 »

Excel図書管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83128/64302590

この記事へのトラックバック一覧です: 【EXCEL図書管理】 延滞ペナルティVBAのテスト その4:

« 【EXCEL図書管理】図書ラベルの作成:不具合修正 | トップページ | 夢想的BABYMETAL初考 その64 »