« 【EXCEL図書管理】 貸出・返却受付シートの説明 | トップページ | EXCELで契約書管理 その4 »

2017年1月12日 (木)

【EXCEL図書管理】 Ver2.180公開されました。

延滞時のペナルティにも対応したVer2.180がVectorにて公開されています。
分単位での返却予定日にしたい、

分単位での延滞で、貸出停止日を決めたい、
などに対応したつもりです。

MENUシートの画像を変更しました。

Xltosyo_2180

|

« 【EXCEL図書管理】 貸出・返却受付シートの説明 | トップページ | EXCELで契約書管理 その4 »

Excel図書管理」カテゴリの記事

コメント

【コメント追記】 3月19日のコメントで、処理分岐用の変数であるFORM=99は削除するとしましたが、いろいろな部分で使用されていることが分かりor思い出し、面倒なので中止することとしました。 また、シートが見えないようにする対策ですが、ショートカットキーを無効化するというのもあります。
Application.OnKey "^{PGDN}", ""  '←無効化の例
Application.OnKey "^{PGUP}", ""
といっても、見ようと思えば見えるので、やはり、シートの非表示設定がいいようです。ただ、非表示シートをselectするとエラーがでるので、その部分はactivateに変更する必要があるようです。また、処理結果をシート上でみせるようにしているので、その場合は、一旦シート表示させ、処理後直前にシート非表示するようなことが必要になりそうです。

投稿: engi | 2017年3月22日 (水) 08時50分

KTKさん、バグ報告、大変ありがとうございます。

(1)ログイン資格が保持されたまま、ブックがOPENする件。
 ログイン機能が「有」の場合に~これはtableシートで設定。tableシート値の変更はUserfrom5で行う仕様。Tableシートで直に編集も可。~、OPEN時に一般権限に戻していませんでした。ThisworkbookのOPEN時に、Loginユーザーフォームをshowしますが、その前には何も行いませんので、前回の保存時の状態のままになります。
 OPEN時に、一旦一般権限にしてから、Loginユーザーフォームをshowするように変更すれば、回避できるかと思います。

(2)また、現在、一般権限のIDの場合は、シートタブを非表示にしてシートが見えないようにしていますが、これではタブの表示・非表示のみです。シートの表示状態はそのままですから、シート切り替えのショートカットで見えることになるのだろうと思います。また、ファイル~オプション~詳細設定内のシート見出しを表示するをonにすれば、見えるようです。
 ですので、ショートカットで見えないようにするためには、シートを非表示設定する必要があるようです。

(3)シートを非表示するには、
    Sheets("***").Visible = xlVeryHidden 'マクロコードからでないと、表示されない。
Sheets("***").Visible = xlSheetHidden '←シートタブ上で再表示選択で、表示させることが可能。
   シートの表示は、Sheets("操作担当者").Visible = xlSheetVisible
  というコードを使うようです。
  ですので、Loginフォームで、OKボタンをクリックしたときに、シートの非表示・表示を行うように、okボタンに、そのコードを記述します。

(4)さらに、この(3)のコードは、open時にも設定するようにし、loginフォームを表示する前には、一般権限にし、該当シートは非表示にしておきます。これで、前回特権ユーザーのまま終わっても、該当シートが表示されたままというのは無くなると思います。

(5)Thisworkbookと運用担当者、tableの各シートには、シートマクロを記述しています。運用担当者、tableのシートには、if form=99 then exit sub の文が入っており、FORM=99が十分に制御させていないために、パスワード・フォームが表示されたり、されなかったりしたものと思います。
 記憶が定かではありませんが、過去資料から、そもそもは、初期セル設定の処理を走らせた場合に、運用担当者をアクティブにする文があり、アクティブすることにより、シートマクロが実行されるので、それを回避するために、FORM=99を使ったようですが、中途半端なままでした。

(6)この際ですので、FORM=99で分岐させるのは中止し、ログイン権限のみで判断することにしました。ので、module3.初期セル設定の運用担当者シートをactiveにするところと、tableシートをactiveにするところの構文を変更しました。
 あわせて、form=99をVBE内で検索をかけて、削除しておきます。
 運用担当者とtableシートのシートマクロ内にある上記form=99文は削除かコメントアウトすることにします。

 コード変更箇所と内容は、記事にしましたので、そちらを見ていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

修正箇所の記事: http://engi.cocolog-nifty.com/sirenai/2017/03/excel2180-5a0d.html


投稿: engi | 2017年3月19日 (日) 08時06分

お世話になっております。

Ver2.170よりVBAの勉強がてら利用させていただいております。

既にどなたから報告されているかもしれませんが、
いくつかバグを発見しましたので、一応報告させていただきます。

ログイン画面で
「AddNew」→「OK」→「キャンセル」
とした時、
前回ログインしたユーザ-が特権ユーザーの場合
シートタブが表示されたままになり、操作担当者のID,Passが
閲覧可能になります。

また、一般ユーザーでログインした場合でも
「Ctrl」+「PageUp(Down)」でシート移動した際に、
システムパスワードを求められずに
操作担当者のID,Passが閲覧可能となるときがあるようです。

投稿: KTK | 2017年3月18日 (土) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83128/64755725

この記事へのトラックバック一覧です: 【EXCEL図書管理】 Ver2.180公開されました。:

« 【EXCEL図書管理】 貸出・返却受付シートの説明 | トップページ | EXCELで契約書管理 その4 »