« 【EXCEL図書管理】図書貸出回数の表示と指定数の倍数時にメッセージ表示する | トップページ | 【EXCEL図書管理】 「保守・管理」 タブ:table設定の例 »

2017年1月 3日 (火)

【EXCEL図書管理】 「保守・管理」 タブ:table設定の説明

 Ver2180に合わせて、保守・管理ボタンで表示されるフォーム(Userform5)のTableタブについて、備忘を兼ねて、記しておこうと思います。
 

Xl_tosyo_table_settei


 注1:返却予定日やその他項目を変更したら、「更新」ボタンをクリックしてください。更新ボタンをクリックしなければ、設定が反映しません。
 貸出し上限冊数は2冊以上で制限が掛かります。この機能を利用しない場合は、0を設定して下さい。

 注2: 上記の設定は、フォームでの受付の場合に影響します。
 「貸出返却シート版」シートでの設定は、シート上で行います。
 

 保守・管理では、

新しい図書の登録、
出版社名・分野の登録、
table設定~動作条件の設定
リスト出力・バックアップ、
補助処理、
その他設定が
行えます。

 

タブ:_Table設定_
 
--左列 デフォルトの設定値 説明--
予約機能を使うか否か→menuシート、貸出フォーム等で予約ボタンが使えなくなります。
 
返却予定日(貸出日より何日後か)→貸出日に加算されて返却予定日とされます。
 
バーコードモードを有効/無効→menuシート上の「バーコードリーダーで操作」ボタンを有効にするかどうか指定します。
 
貸出分析時のウインドウサイズ(25~100)→ 保守管理~リスト出力~貸出し分析の処理結果シートの表示倍率を指定します。
 
貸出し上限冊数(この数超える貸出不可)→ブランクの場合エラー表示し、0の場合上限冊数チェックを行いません。 グループ毎の貸出冊数チェックも行います。
 
貸出の上限冊数のGr設定 →会員毎にGr設定した場合に、Gr毎の貸出上限冊数の制限を掛けられます。 その場合、上の貸出上限冊数も入力して下さい。
貸出/返却時の書込み確認用メッセージの有無 無 動作確認用の設定です。図書管理表に書き込まれた内容を表示します。
 
貸出時、会員情報を残すかどうか。→貸出フォームで、会員情報を残し、続けて図書貸出が可能となります。   無:残さない。有:残す。
 
貸出時のメモ欄等を利用するかどうか。→現在、十分に機能しません。有無どちらでも結構です。
 
処理前のセル初期設定→貸出フォーム表示時に、図書管理表などの関数式や列のセル書式を再設定する処理を自動的に行うかどうか。 補助処理タブにある初期セル再設定と同じ処理です。
 
プライバシーモード(会員履歴ナシ)→貸出時の記録を取る場合、会員番号と氏名を***にし、記録する場合は、「有」を指定します。
 
当Bookの終わり方(Quit/Close)→menuシートの終了ボタンの処理。Quitでエクセル自体を閉じます。Closeで当ブックのみ閉じます。
 
Onkey切替えメッセージ表示 →Enterキーへのマクロ設定がなされたかどうかをメッセージ表示します。動作テスト用で、通常使用しません。
 
menuシートのコメント表示 →MENUシートで、ボタンとセルの大きさをほぼ等しくしています。ボタンを通してセルコメントが表示されるようにします。「無」の場合、セルコメントをクリアします。ボタンの位置とセルがずれないようにしてください。

バックアップの世代数→menuシートの終了ボタンで終了した場合に、バックアップの世代管理を行います。自らのファイル名で上書きし、また別名保存しますが、その場合に古い更新日のファイルを先に上書きします。

貸出し返却シートのシート保護有効→単に、「貸出返却シート版」シートのシート保護を行います。シート上でも変更が可能です。シートアクティブ時にはこの値は参照しません。
貸出・返却受付はUserform=1、シート版=2 → menuシートの貸出・返却ボタンクリックでフォームを表示するか、受付シートを表示させるかの指定を行います。

貸出停止期間計算パターン→0,1,2から選択します。
0: 貸出停止処置は行いません。
1: 貸出停止期間計算パターン1(貸出返却シート版)
2: パターン2(延滞日数分、貸出停止):VBAコードにて。
 *1にすると、上記の2:貸出・返却受付はシート版になります。

貸出回数メッセージ表示の数→貸出回数がこの値の倍数になった時に、貸出回数メッセージを表示します。受付時には、貸出処理前の貸出回数が表示されています。
フォームの場合は、受付記録に記録されている全データからカウントします。シート版の場合は、指定年月日の期間の受付記録からカウントします。"
 
--右列 デフォルトの設定値 説明--
貸出・返却のForm「閉じる」ボタンで保存する→貸出・返却フォームの閉じるボタンで、上書き保存するかどうか指定します。保存忘れ防止策の一つです。 menuシートの終了ボタンを利用すれば、バックアップもとれます。
 
貸出期間Grを利用するか。→貸出物が図書以外にもある場合に、「有」とし、品名と貸出期間を設定します。 シート版はシート上で設定します。 ただし、現状図書とは別にもう1件(CD/DVD)のみ対応しています。
 
土日閉館対応するか→返却予定日が土日の場合に月曜日にするかどうかを決めます。「無」の場合、土曜日等でも返却予定日とします。カレンダ使用をする場合、カレンダが優先します。
 
ログイン機能は?→複数人で当ブックを運用する場合に、利用します。「有」の場合、操作者が受付記録に記録されます。権限により、保守管理でパスワードを求められるようになります。
 
固定返却日 →長い連休などがある場合など、次回の返却日が通常の返却予定日を超える場合などに、ダイレクトに年月日を入力します。
 
受付件数の注意msg件数→ 当ブックオープン時に、受付記録シートの件数をチェックし、個々の値以上の場合に、メッセージを表示します。対応は手作業となります。
 
予約有効期間(日)→この値をどのように使用するかは、未定義です。
 
フォーム項目名をシート連動に→フォームが表示される場合に、ラベル名をシートの項目名にするかどうかの設定です。フォーム上の項目名を変更したい場合、「有」として、対象シートの項目名を変更すると変わります。Userformを直に変更する必要がなくなります。
 
運用組織名 → 例:〇〇〇〇 資料室A menuシート右下部に表示されます。
 
取扱い最大行数(セル関数内の行数)→マクロ内でのMAXDATA変数に代入されます。シート上の関数式に利用されます。シートにより、この値ではない場合があります。
 
貸出期間の延長期間日→返却フォームで、再延長ボタンで、貸出期間の延長ができます。その際の期間(日)を設定します。 土日対応・休館日対応はしていません。
 
予約の上限冊数→予約受付の冊数の上限値を設定します。
 
会員カード有効期限年数→ 例:0  貸出時にチェックする会員の有効期限年数です。この値に基づいて、会員情報登録・更新で有効期限日を設定します。 0の場合は、有効期限管理は行いません。
 
休館日カレンダーを使う→返却予定日を計算する際に、「カレンダ」シートの休館日列E,Fを参照するかどうかを設定します。
 
休館する曜日 例:土、日 「カレンダ」シートのE,F列に休館日とする曜日を入力します。
●週の●曜日① 例:0、火 第3火曜日を休館とするなら、3、火と入力します。
●週の●曜日② 例:0、木 "上記と同じ要領で設定します。ない場合は、0を入力します。
 「カレンダ」シートの設定ですから、シート版にも影響します。
 シート版はF列を参照します。
 
祝日を休館日とする→祝日も休館日とする場合、「有」に設定します。「カレンダ」シートのF列で休館日以降の日を返却予定日とします。
 
 
上記説明のエクセル版は、↓から、どうぞ。

「xl_tosyo_hosyu-table_setumei2.xlsx」をダウンロード


|

« 【EXCEL図書管理】図書貸出回数の表示と指定数の倍数時にメッセージ表示する | トップページ | 【EXCEL図書管理】 「保守・管理」 タブ:table設定の例 »

Excel図書管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83128/64713600

この記事へのトラックバック一覧です: 【EXCEL図書管理】 「保守・管理」 タブ:table設定の説明:

« 【EXCEL図書管理】図書貸出回数の表示と指定数の倍数時にメッセージ表示する | トップページ | 【EXCEL図書管理】 「保守・管理」 タブ:table設定の例 »